おぼへがき

またひとつかしこくなった。

ひとりぐらしの自炊はたいしたことではない

ひとりぐらしである。

で、自炊してると言うとたいてい、

え、まじ?すごい!

と言われる。ぜんぜんすごくない。

 

でなんですごいとおもってるのか考えたんです。

 

え、まじ?すごい!

っていうひとはほとんどがひとりぐらしではない。

つまり親がつくる飯を文句も言わず食ってるのです。

 

そのため自炊に対するイメージが

3食、ごはんと汁物とおかず数品

なんである。

 

では実際のひとりぐらしの自炊とは。

 

ごはんともやしナムル

とか

焼きうどん

とか

鍋にご飯投入

とか

なのである。

(もちろんちゃんとご飯汁物おかず数品のひともいるとは思うけど!

 

まず、数品もつくらない。

そして、好きなものしかつくらないから

今日なにつくろう?

的に悩むことが少ない。

 

というわけでひとりぐらしの自炊ちょう楽です。

 

 

 

と、書いてみて、

あれ、もしかしてこれ私だけ?

っておもったので、もしもっとちゃんとしてる人いたらおしえてください。

 

あと、最近は

え、まじ?すごい!

って言われるのに疲れたので、

え、でも一品しかつくんないよ?

とか

え、でも毎日おんなじもの食ってるよ?

とか

打ち消しをするようにしている。