読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おぼへがき

またひとつかしこくなった。

お買い物アプリWishでmicroSDが激安だったので買ったら偽ブランド品だった話

お買い物アプリWishでmicroSDが激安だったので買ったら偽ブランド品だったんです。まる

 

ちゅうごく~~~!!!

 

まあ、幸いにもちゃんと使えたのでそこは問題ないんですが。

なにを考えたのか、同じもの4枚買ったので地味につらい。。。

あんときのおれがにくい。

偽ブランドって服だけじゃないのかよ。

 

というわけで、調べたらちゃんと偽物を見分ける方法があったので、

それをおぼへがきとして記しておく。

 

よくわかるSDカード | GREEN HOUSE グリーンハウス

1、microSDには規格がある

よく売られているmicroSDは128GBのもの。

128GBの規格はmicroSDXC。

しかし、つめの甘い中華偽物はどこかにmicroSDHC(32GBまでの規格)の印刷がある。

 

じぶんが買ったものもSD自体にはmicroSDXCの印字があるものの、

商品パッケージにはでかでかとmicroSDHCの印字が、、、

 

もうここでアウトなんですが、他にも気になったところが

 

2、パッケージの作りが雑

パッケージ自体の印刷は普通なんだけど、裏面の貼り合わせ部分が少しずれてる。

あとカード自体への印刷が安っぽい。

 

と、こんな感じでしょうか。

けどまあ、PCに124GBで認識されたので、よかったとしよう。

そのアプリの商品レビューでぜんぶデータ消えた。

って、いうのもあったからちょい不安だけど。

バックアップ用のSDにすればいいかな、って。

 

中国でブランド品買っちゃダメってのはほんとうだったな。

いい勉強になりました。

あとうまい話はそんなに落ちてない、っていうあたりまえのことがわかった。

以上。