読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おぼへがき

またひとつかしこくなった。

デヴィッド・ボウイ展を見に行くの巻

デヴィッド・ボウイ展を見てきました@天王洲アイル

入るのに2400円もした。たっか。

おそらく、権利と展示のシステムに金かかった模様。そんなん求めてない!

 

デヴィッド・ボウイって

化粧してピタピタな服きて歌ってるおっさん

ってイメージだったんだけど、他にも、

絵書いたり、役者やったり、そもそも詩書いてて歌わなくてもっておもってたり、

ぜんぜん知らなかった。

 

あとは日本とも関係があって、

歌舞伎の女形に化粧教わったり、

山本寛斎の衣装着たり、京都に住んでたり、戦場のメリークリスマスに出たり。

 

一番感動したのはベルリンの壁崩壊に寄与した(かもしれない)西ベルリンのコンサート

東ベルリンにもスピーカーが向けられ、壁の前には5000人ものひとが集まった

その2年後にベルリンの壁は崩壊

デヴィッド・ボウイが亡くなったときにドイツ外務省がだした

「グッド・バイ、デヴィッド・ボウイ。あなたは今、#ヒーローズ の一員になりました。壁の崩壊に力を貸してくれてありがとう」

に泣いた。

 

戦メリで共演した、たけしさんの

普通のアーティストと違って、曲であの人というより、

ビジュアルやイメージで覚えてるって言ってたように、

展示されてる衣装かっこよかった。

変なのもあるけど、ユニオンジャックのコートとかはかっこよかったなあ。

化粧してるよりも晩年の枯れたかんじのほうが素敵だった。

 

それにしてもこの世代のスターの生命力やべえ。69歳に見えないし。

いままで音楽だけじゃなくいろいろやってて、まだ音楽やってるし。ローリング・ストーンズとかも。

 

エネルギー出してかないと、なんもしないで死んじゃうなあって。

 

f:id:turkishmagic:20170323104728j:plain

天王洲いきなりアートが現れる街だった